商品カテゴリ

お電話からのお問い合わせ

03-6865-1027

[受付時間] 9:00~19:00 (月~金)

画像を拡大する

サンプルムービー

数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

  • NEW
商品番号:
966-1

【第1巻】結合練習と複合練習

販売価格(税込):
8,640 円
ポイント: 400 Pt
商品種別:
ダウンロード商品 (ファイルサイズ: 約0.9 GB)

■指導・解説:工藤 憲(北星学園大学教授・
■指導・解説:工藤 憲(公益財団法人日本バレーボール協会公認講師・
■指導・解説:工藤 憲(公益財団日本体育協会マスター上級コーチ・
■指導・解説:工藤 憲(日本小学生バレーボール連盟副会長・
■指導・解説:工藤 憲(江別中央バレーボール少年団総監督)
■実技協力:江別中央スポーツ少年団
■実技協力:(男子:江別中央ガッツ/女子:江別中央ジャンプ)

本作品は「わかりやすく、楽しい指導を」というテーマで月間バレーボールにて連載された「すくすく上達!! 小学生バレーボーラーとその指導者のためのスキルアップドリル」を基に映像化したものです。


工藤先生の「スキルアップドリル」シリーズ。待望の最新作です!

テーマは、実戦力を高めること。そのためには日々の活動を練習のための練習にせず、しっかり試合で活きる練習にすることが大切になります。

スキルチェーンに沿って組み立てられた結合練習・複合練習それぞれのドリルを反復することで、実戦的な力を身につけ、試合に臨みましょう!

また、第3巻では、工藤先生が指導者講習会などで質問を受けることが多いという、うまくできない選手、癖がついてしまった選手の矯正方法を紹介します。

工夫されたドリルはもちろん、映像だからこそわかりやすい、工藤先生による選手への声かけや、陥りやすいミスとその修正方法を是非ご覧ください!

【スキルチェーン】 ≪サーブ⇒レセプション⇒パス⇒スパイク⇒ブロック⇒ディグ≫
6つの基本技術がくさりのようにつながっていること。試合の流れに沿ったスキルチェーンによって組み立てられた練習をすることで、実戦に直結する力を習得できる。





この巻では、個人の実戦的スキルの向上を目的としたドリルを収録。各スキルを結合練習⇒複合練習の順に紹介します。


<収録内容>

■イントロダクション

≪結合練習≫

■サーブ系の結合練習
 ・気をつけ→ノンステップ→一歩踏み出しの3本連続
 ・方向意識サーブ
 ・連続コース打ち
 ・連続前後打ち
 ・時間差打ち
 ・異種類打ち
 ・サイン打ち

■オーバーハンドパス&トス系の結合練習
 ・オーバーハンドレセプション→直上トス→パスアタック
 ・ディグ→ジャンプパス→バックパス
 ・Aクイックジャンプトス→レフトオープントス→平行トス→バックトス
 ・レフトオープントス→レフトオープントス(ジャンプ)→バックトス
 ・動きと逆方向にトス
 ・ハイセット連続

■アンダーハンド系の結合練習
 ・レセプション→アンダーハンド直上→後ろ向き返球
 ・アンダーハンドトス→ブロックフォロー
 ・スラロームランニングレシーブ
 ・前後移動→左右ランニングレシーブ→スライディング
 ・V字移動連続レシーブ
 ・ネットボール処理3本アンダー
 ・アンダーハイセット4本連続

■アタック(スパイク)系の結合練習
 ・遠・中・近&縦の3本連続スパイク
 ・近・中・遠&縦の3本連続スパイク
 ・横移動3本連続スパイク
 ・センター正面トス3本連続コース打ち
 ・横からのトスのコース打ち
 ・ハイセット・オープン・平行3本連続打ち
 ・オープン・セミクイック・スタンディング3本連続打ち
 ・Cクイック〜セミクイック〜オープン3本連続打ち
 ・Aクイック〜バックセミ〜ブロード(ワンレグ)
 ・センターからの強打〜右側へのプッシュ〜左側へフェイント
 ・レフトからのフェイント〜強打〜巻き込み(ソフトアタック)
 ・ライトから〜プッシュ〜強打〜巻き込み(ソフトアタック)

■ブロック系の結合練習
 ・直上トス3本連続ブロック
 ・異種類アタック連続ブロック
 ・左右移動ブロック

≪複合練習≫

■サーブから始まる複合練習
 ・サーブ〜チャンスボールレシーブ
 ・サーブ〜ディグ〜フェイントレシーブ
 ・サーブ〜ハイセット〜ブロックフォロー
 ・サーブ〜ブロック〜ハイセット〜ブロックフォロー
 ・サーブ〜ディグ〜スパイク〜ブロックフォロー

■レシーブ&トスの複合練習
 ・正面ボールレシーブ〜トス
 ・左右移動レシーブ〜トス
 ・ディグ〜軟打レシーブ〜トス
 ・ディグ〜軟打レシーブ〜組み手トス〜ジャンプトス
 ・連続ディグ〜トス〜ブロックフォロー

■レセプションを入れた複合練習
 ・レセプション〜トス〜スパイク
 ・レセプション〜スパイク〜ブロック〜リバウンド〜スパイク

■スパイクを中心とした複合練習<
 ・ディグ→トス(ハイセット)→スパイク→リバウンド
 ・3種類のトスとスパイク
 ・レシーブ→Bクイック→リバウンド→Aクイック→リバウンド→オープンスパイク
 ・ディグ→フェイントレシーブ→トス(ハイセット)→ディグ→スパイク→リバウンド
 ・スパイク→リバウンド→スタンディングスパイク→スライディングレシーブ

■ブロックを中心とした複合練習
 ・連続移動ブロック→トス
 ・連続移動ブロック→多種類トス
 ・ブロック→リバウンド〜トス→スパイク
 ・レシーブ→トス→スパイク→ブロック→レシーブ


(74分)

2017.10
数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オススメ商品

【第2巻】複数のメンバー、またはチームで行う複合練習

販売価格(税込): 8,640 円

第2巻では、人数を増やし、より試合に近づけたドリルを収録。中心となる技術に異なる技術を複合させた形の練習です。

詳細はこちら

【第3巻】スキル矯正クリニック

販売価格(税込): 8,640 円

工藤先生が指導者の方から質問を受けることが多いという、うまくできない選手、癖がついてしまった選手の矯正方法を紹介します。

詳細はこちら