商品カテゴリ

お電話からのお問い合わせ

03-6865-1027

[受付時間] 9:00~19:00 (月~金)

画像を拡大する

サンプルムービー

uCMccDhq7bg
数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

商品番号:
1090-2

【第2巻】ディグ・強打に負けない姿勢づくり〜エンディング

販売価格(税込):
8,800 円
ポイント: 400 Pt
商品種別:
ダウンロード商品 (ファイルサイズ: 約1.0 GB)
[商品タイトル]

「肩」と「膝」を使って正確にボールをコントロールする!
〜低身長でも出来るコンビネーションバレーのつくりかた〜

■指導・解説:天野 実(兵庫県・若鮎新宮クラブバレーボールチーム監督)
■実技協力:若鮎新宮クラブバレーボールチーム
■撮影協力:株式会社モルテン

平均身長136cmのチームを全国へ導いた「カラダの使い方」を学ぶ

時代に合わせ、選手に合わせて進化した若鮎新宮クラブのDVD 第3弾!

初心者でもできるバレーボール導入指導メソッド


POINT!

今作は「ヒザ」の動きに重点を置いています。
生活習慣の変化により子供たちの「前への動きが遅い」「目の動きが遅い」「バランス感覚がない」などの変化がみられ、特に「バランス感覚」が身に付いていない選手が増えてきました。そうした背景から、前傾姿勢を保つため、頭部がブレないために、「膝」の動きを意識するようになりました。


ここでは、レシーブからコンビネーションへ繋げるためのスキルを身に付けていきます。低身長のチームでも、正確なレセプションとコースの打ち分けを身に付けることで、得点に繋がる攻撃を展開することが可能になります。実戦を想定して、相手のサーブやスパイクの種類を変えながら様々な状況に対応できるチームを作り上げていきます。

ディグ・強打に負けない姿勢づくり
・ディグ・強打への基本姿勢
・片膝をつきながらの基本姿勢
・横移動/前移動での強打対応
・移動しながらのアタックレシーブ
・ディグ・強打への対応まとめ≪解説≫

正確なレセプションを身につける
・ドライブサーブの対応(低く構える/膝をついて構える)
・フローターサーブの対応(伸びるボール)
・クロスレシーブ
・速攻に対するレシーブ練習

コンビネーションバレーの作り方
・レセプションからの動き方(前3人・後2人)
 レフトからの打ち分け
 ライトからのクイック
 センターからの打ち分け
 レフトから両サイド(1m以内)
 ライトから両サイド(1m以内)
 両サイドからの速攻
・ドライブサーブのレセプション
・フローターサーブのレセプション(前2人・後3人)
・レフトアタック/センターアタック/ライトアタックからのレシーブ
・チャンスボールからの速攻
・1枚ブロックからの攻撃(レフト/センター/ライトからの強打)
・2枚ブロックからの攻撃(レフト/センター/ライトからの強打)
・ブロックフォローからの攻撃(1枚ブロック・レフト/センター/ライト)

天野先生のインタビュー
*初心者も上級生と一緒に練習
*チームづくりと選手分析
*全国の指導者へのメッセージ

エンディング


(82分)
2020.3
数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。