商品カテゴリ

お電話からのお問い合わせ

03-6865-1027

[受付時間] 9:00~19:00 (月~金)

画像を拡大する

サンプルムービー

数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

商品番号:
785-S

指導者のためのバレーボールスカウティング入門〜元全日本アナリストが伝授する、バレーボールの真骨頂〜

販売価格(税込):
8,640 円
ポイント: 400 Pt
商品種別:
ダウンロード商品 (ファイルサイズ: 約1.6 GB)
★データを駆使し、実戦を勝ち抜く!情報を分析し、練習に生かす!
★「数字が見えるとバレーの裏側が見える」。アナリストの視点を、中高生指導に役立てる!
★アタック決定率と効果率の違いとは!?チャートやシートの記入の仕方とは!?
★収集した情報を分析して、情報に“価値”と“命”を吹き込め!

☆作中で使用した画像資料&シートも一緒にダウンロードできる!!
*ダウンロードファルダ内には作中で使用しているオフェンスチャートやチェックシート等のPDF形式のデータも含まれています。


■指導・解説:吉田 清司(FC東京バレーボールチーム 総監督/元全日本男子アナリスト)
■協力:下北沢成徳高等学校 女子バレーボール部/早稲田大学 男子バレーボール部


敵を知り己を知れば、百戦危うからず。
勝負において必要なことは、自チームおよび、相手チームの弱点と長所を明らかにすることです。
バレーボールにおいてデータが使われるようになり、客観的な分析によって「敵」も「己」も知ることが容易になってきました。日本代表をはじめ、世界のバレー界ではもはや“スカウティング”という言葉は常識となっています。
しかし、それが中学や高校の現場で浸透しているかというと、まだまだというのが現状です。コーチの経験則や主観的な分析のみが、指導の現場では頼りとなっているのです。
そこでこの作品では、映像の撮り方から数字の出し方、情報分析の仕方から練習方法まで、『アナリスト』としての仕事を紹介しています。
指導・解説をしてくれたのは、日本代表でもアナリストを務めた吉田清司氏。現在は日本のアナリスト育成の第一人者でもある氏が、中高生指導において必要な『眼』について話してくれました。
相手に勝つため、自分たちの弱点を克服するためには、そのための準備と知識が必要です。もっともっとバレーボールを知るために、ぜひこの1本をお役立てください!

■Step1 
 ・イントロダクション
 ・なぜ「スカウティング」が必要なのか?
 ・アナリストとは?

■Step2 
 ・情報を収集する
 ・映像を撮る
 ・情報を抽出する方法

■Step3 
 ・スカウティングの基礎用語
 ・ローテーションチャートの記入
 ・オフェンスチャートの記入
 ・ディフェンスチャートの記入
 ・データチェックシートの記入
 ・ブロックチェックシートの記入
 
■Step4 
 ・情報を分析する

■Step5 
 ・スカウティングレポートをつくる
 
■Step6
 ・情報を伝達する

■Special 
 ・スカウティングからフィードバックまでの流れ
 ・スカウティングをもとに行うシミュレーション練習

(92分)
2013.07
数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。