商品カテゴリ

お電話からのお問い合わせ

03-6865-1027

[受付時間] 9:00~19:00 (月~金)

画像を拡大する

サンプルムービー

数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

  • NEW
商品番号:
827-2

第2巻 チームの引き出しを増やすための練習

販売価格(税込):
7,560 円
ポイント: 350 Pt
商品種別:
ダウンロード商品 (ファイルサイズ: 約1.2 GB)
■指導・解説:廣瀬昌也(青山学院大学バスケットボール部コーチ/元新潟アルビレックスBBヘッドコーチ)■実技:青山学院大学バスケットボール部



★個々の状況判断力を高め、相手ディフェンスへの対応も変化させる!
★好評ライブ!廣瀬昌也のBasketball第三弾!

バスケットボールのゲームにおいて勝敗の分かれ目はある意味ではシンプルで、リバウンドやルーズボールといった局面局面でのボール奪取率を上げることで攻撃回数とそれに伴う状況が大きく変わってきます。

本作ではチームを作っていく過程でボールへの執着心を養いながら、個々の状況判断力を上げていきチームとしてのカタを身につけ、さらにチームとしての引き出しを増やしていくことを目的としています。

特に「球際」の強さを身につけることがどれだけ大事なことか、廣瀬氏の情熱溢れるコーチングの中で明らかになります!

 

個の状況判断とチームの状況判断は、様々な引き出しがあってこそより広がってきます。そして、引き出しを増やすことが、あるべきチームのカタの形成をより柔軟で強固なものにしていきます。



■3対3
2対2をベースにもう一人絡めて行う3対3のバリエーション。
ハンドオフ〜ピック、様々な3対3の中からディフェンスの対応に個々の状況判断=「引き出し」が必要になる。

 ・3対3(バックカット)
 ・3対3(ハンドオフ→アングルを変えてパス)
 ・3対3(ライブ)


■4対4
ドライブインに対する合わせドリル、特にヘルプディフェンスへの対応と合わせを身につけていく。
ヘルプをいかに破るかを強調する。

 ・4対4(ドライブの合わせ)
 ・4対4(ドライブ→パス→ピンダウン)


■5対5
3対3〜4対4を踏まえ行うスクリメージ。

 ・5対5(ゲーム、目標を立てる、20点先取)



(90分)
2014.09


※この映像は動画配信(JLC On Demand)用に収録された素材を元に、廣瀬氏の解説等を追加〜編集したものです。
数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。