商品カテゴリ

お電話からのお問い合わせ

03-6865-1027

[受付時間] 9:00~19:00 (月~金)

画像を拡大する

サンプルムービー

数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

  • NEW
商品番号:
895-1

【第1巻】捕球・送球・中継の動き」と「投内連係」

販売価格(税込):
8,640 円
ポイント: 400 Pt
商品種別:
ダウンロード商品 (ファイルサイズ: 約0.6 GB)
※サンプル動画は、【第2巻】の映像です。【第1巻】に「ランナーなし」は含まれておりません。


 公立校、激戦区、練習時間が短い・・・それでも甲子園に出られる「守備の仕組み」とは!?


 強豪校に勝つための絶対条件「ビッグイニングを作らせない」ために必要な指導法を紹介!

 勝っているチームでは常識!?このDVDで“守備が見える”指導者になる!





■指導・解説:木谷 忠弘(兵庫県立西脇工業高等学校)
■■■■■■清須 昌
■技協力:兵庫県立西脇工業高等学校

【プロフィール】
清須 昌 (きよす まさし)
兵庫県出身。中京大中京-愛知大学と進み内野手として活躍した。大学で残したリーグ記録「連続138守備機会無失策」は現在も破られていない。アドバイザーとしては母校のほか、兵庫県内の各校で守備に関する指導を行っている。





よく聞く“守備が鍛えられている”というのは、決して捕ったり投げたりが上手だということではありません。
守備というのは9人で行うものであり、この「連係」がうまくできるチームに与えられる褒め言葉です。
捕球ミスや送球ミスはプロでも犯します。
しかし投手と内野の連係、内野と外野の連係を鍛えれば、ミスで広がった傷口を最小限に留めることができます。
つまり無駄に与えてしまった得点を防ぐことができ、それによって接戦に持ち込むことができるのです。
このDVDでは、以上のようなことをコンセプトに、守備のリスク回避について解説していきます。
捕球と送球に関する基本的な考え方を紹介したのち、「カバーリング」や「トレーラー」といった役割について実戦を通して解説します。
これらは指導者として“指導が徹底されている”と見られるポイントでもあります。
ベテラン監督でも見落としがちな“守備の裏”を見る目、選手のスキを見逃さない指導力を、ぜひ養っていきましょう。



トレーラーとは・・・2人目のカットマン




[第1巻内容紹介]

まず捕り方、投げ方、カットマンの動きに関して紹介します。一般的に常識とされている動きとは一味違う視点に注目です。この技術をベースに、後半の投内連係(バント処理など)や2巻目の内外野の連係を行っていきます。




■イントロダクション


■“右足を踏み込む”捕球
ファンブルを劇的に減らす「グラブのライン」づくりとは?捕球から送球までのカギは「右足」の使い方にあり!
◎基本姿勢
◎実践

■“グラブ側の肩を入れない”送球
送球ミスが起きる原因をシャットアウト!リリース時の強弱ではなく、肩の位置で距離を調整する投げ方とは?

■カットプレーのステップ
「半身でカット」よりも早く正確に送球する方法とは?距離によって使い分ける「右足の使い方」を習得する!
◎短い距離の送球
◎長い距離の送球

■内野守備の実戦技術と連係(投内連係)
実際の打球で投内連携を解説!バント処理、ダブルプレー、狭殺プレーの際に気をつけたいこととは?
◎ノーアウト ランナーなし
◎ノーアウト ランナー 一塁
◎ワンアウト ランナー 一塁
◎ワンアウト ランナー 一三塁




(50分)
2015.7
数量:

※ダウンロード商品のため数量は変更できません。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。